僕と済州島の物語

2002年に済州島でホームステイ、 2005年に済州島に留学、2013年に済州島で国際結婚、2015年に済州島で長男誕生。 そんな僕と済州島の物語です。

幼稚園児と音感テストゲーム!

アプリでピアノとギターを始めた6歳の息子君。ギターを始めて1ヵ月の記念にちょっとしたゲームをしてみました。 音感テストゲーム! ギターを始めたばかりの息子の影響で、久しぶりにギターのコード練習をしていると、 「アパ、今のAmでしょ?」と。 正解。…

ギターにハマる、幼稚園児

我が家にアコースティックギターが到着したのはちょうど1週間前の日曜日。 昨年、simply pianoというアプリをきっかけにピアノに夢中になった幼稚園児の息子と何か一緒に演奏できないかと考えたことがきっかけでした。僕はもともと実家にあった父親のフォー…

済州島留学物語 第30話【冬3】

携帯メールの受信を知らせる着信音で目が覚めた。 9時過ぎだ。珍しく遅くまで眠ってしまった。発表資料の準備のせいで疲労がたまっているのかもしれない。 『ユウゴさん! わたし、合格しましたよ! 来年、日本に行きます』 ミソだった。 しばらく携帯を握…

済州島留学物語 第29話【冬2】

3日後、外国文化交流イベントの発表テーマ決めのため、僕ら日本グループは図書館のラウンジに集まった。 「じゃあ、あたしからアイデアを話すよ。あたしが考えたのは日本人と韓国人の考え方の違い。例えば、『好きな動物』とか『憧れる職業』みたいな簡単な…

済州島留学物語 第28話【冬1】

「国際課主催のイベント……?」 ウニョンさんから手渡された案内を一目見て僕らは顔を上げた。僕、サチコ、タクヤ、ナオの4人は国際課の応接室にいた。 「そう。国際課主催で、『外国文化交流イベント』を行います。留学生が中心になって、自分の国を紹介す…

幼稚園から始めるテコンドー

幼稚園児の息子君がテコンドーを始めたのは今から5か月前。年長さんになったばかりの4月でした。僕は習い事など一つもすることなく育ってきたので、妻から「テコンドー習わせたい」と言われたとき、「本当に必要かな?」と疑問に思っていましたが、今では通…

済州島留学物語 第27話【秋8】

月が変わり迎えた11月最初の朝、少し肌寒さを感じた。 冬が近づいている。 僕は薄手のジャンパーを羽織って急いで寄宿舎を出た。 大事な1日が始まる。韓国語能力試験の合格発表日であり、またミソの面接試験の予行練習を行う日でもあった。 午前中に社会…

済州島留学物語 第26話【秋7】

案内された部屋は2階のこざっぱりした部屋だった。大きなダブルベッドが一つ、キッチンや冷蔵庫も備え付けられていた。そして何より、窓の外はオーシャンビューだった。 「ソンウがこんな素晴らしいペンションの息子だったなんてうらやましいよ」 思わずた…

済州島留学物語 第25話【秋6】

牛島(ウド)に到着するとすぐに昼食を食べることにした。 「皆さん、今日は、ぼくの故郷の牛島に遊びに来てくれてありがとうございます。昼食を食べたあとに、牛島の観光地をご案内します。まずクイズです。牛島はなんで牛島っていうかわかりますか?」 船…

済州島留学物語 第24話【秋5】

10月下旬の週末。僕はソンウと一緒に寄宿舎を出発し、市外バスターミナルに向かっていた。午前9時過ぎ。待ち合わせの時間まではだいぶ余裕があったが、早めに着いて、バスや船の中で食べるおやつを準備しようと話していたのだ。 「ユウゴ、どうしよう……。…